年忌法要とは

死者の追善供養のために、祥月命日に行う仏事を年忌法要(年回法要)といい、1年3年7年13年17年23年27年33年のように、3と7のついた年に実施します。祥月命日とは亡くなった月日のことです。
一般に33回忌で終わりますが、なかには50回忌や100回忌まで勤めるところもあり、五十回忌からは遠忌(おんき)といいます。
法要は、祥月命日に営むのが最善ですが、当日都合悪い場合は、事前に営むのが一般的です。
一周忌は、没後、翌年の祥月命日になりますが、三回忌からは亡くなった年も含めて数えます。
例)
三回忌…没後、2年目の祥月命日。
七回忌…没後、6年目の祥月命日。

年回表(法事早見表)

法要を行う年一周忌三回忌七回忌十三回忌十七回忌二十三回忌二十七回忌三十三回忌五十回忌
令和2年
2020年
令和元年平成30年平成26年平成20年平成16年平成10年平成6年昭和63年昭和46年
令和3年
2021年
令和2年令和3元年平成27年平成21年平成17年平成11年平成7年平成元年昭和47年
令和4年
2022年
令和3年令和2年平成28年平成22年平成18年平成12年平成8年平成2年昭和48年